当院について

治療方針

当院では治療についての説明をいかにわかりやすくして、ご理解頂いたうえで歯科治療をうけていただけるようスタッフ一同心がけております。

痛みのある箇所、気になる箇所の治療はもちろん極力優先致しますが、むし歯、歯周病等のリスクマネージメントに関しても 時期を考慮してご提示及びご説明させて頂きます。

医療安全管理、院内感染対策に関しても、関連機器の設置、洗浄滅菌の徹底等、医院全体で細心の注意をもって取り組み、患者様がリラックスして治療をうけていただける様な環境を目指しております。

予防歯科 口腔衛生指導

歯科治療が終わっても お口の中の環境が悪ければ、歯周病症状の再発、むし歯など、再度歯科医院にて治療が必要となるリスクは高くなります。
そのため、当院では開院当時から予防歯科の実践及び口腔衛生指導に注力しております。

予防歯科とは、歯科衛生士が定期的に皆様のお口のケアを行い、お口のリスクを検査、管理、予防することによりお口の健康を維持するのが目的です。

ご存知かもしれませんが、初期のむし歯は痛みを感じませんし、初中期までの歯周病に関しては 糖尿病等と同様で「Silent Disease~静かなる病気~」と表現されるほど、自分では気付きにくい病気です。

そのため、痛み等の急性症状があってから歯科医院を訪れると、重症化のため予想以上に長い治療期間になることがあります。このようにお口の健康を重症化させてしまう前に、定期健診や早期受診をおすすめします。

  • PMTC
    歯科医師及び歯科衛生士が、清掃用の器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行なう歯面清掃(クリーニング)のことを言います。歯の表面及び歯肉との境目のプラーク(細菌の塊)を取り除き、歯面をツルツルにすることにより、プラークが再付着しにくくなります。
  • TBI(ブラッシング指導)
    当院では、歯科衛生士による皆様のセルフケアへのサポートを積極的に行なっております。
    折角一生懸命ご自分で歯磨きされていても、間違った方法、清掃道具では、知覚過敏や歯肉が下がる原因になったりします。健康なお口の環境を維持できるよう、個人個人にあった適切なセルフケアの方法をご提示し、実践しやすいようにサポートさせて頂きます。
  • リスクマネージメント
    皆様のお口の中の状況、セルフケアの環境、全身疾患などにより、今後のリスクについて説明、指導させて頂きます。特にくいしばり歯ぎしり等の咬み癖のある方へのご説明、お口の乾燥やむし歯になりやすい方への食生活指導も、随時行なっています。
  • シーラント、フッ素塗布
    小児や学童期の患者さんには、シーラント(溝が深くむし歯のリスクが高い歯に削らずに、予防材料をつめる)や 歯の表面をむし歯になりにくくするフッ素も定期的に塗布しております。その際、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアも同時に行ないます。